太陽光発電のメンテナンスとは-太陽光発電のメンテナンス 見積もり・価格比較 ソーラーセーブ

メンテナンスとは

太陽光発電のメンテナンスについて

太陽光発電は『メンテナンスフリー』と言われていますが、実際のところメンテナンスは必要です。

パネルメーカーも年一回程度の点検を推奨していますし、販売、施工会社も独自にメンテナンスサービスを提供しています。

何もしていなくても、10年、20年と正常に発電しているシステムは数多くありますが、メンテナンスを怠ったために発電量が減ってしまったり、最悪の場合は全く発電しなくなるケースもあります。

故障や異常が見つかった場合、保証期間内は交換・修理を行ってもらえますが、故障して発電できない期間の売電額は補償してもらえません。産業用・メガソーラーなどの大規模なシステムでは売電補償に入っている場合もありますが、住宅用でそういった補償を行っていることはほとんどありません。

初期費用を回収する上で、売電できない期間があるのは痛手となります。そうした事態を避けるためにも、定期的なメンテナンスを受けるようにしましょう。

太陽光発電のメンテナンスについて

メンテナンスを行うメリット

太陽光発電システムのメンテナンスは研修を受けたスタッフが専門的な機器を使用して、モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、昇圧ユニットに故障や不具合がないかのチェックをおこないます。

見た目だけでは判断できない異常を見つけることができます。架台のネジのゆるみ、ケーブルが正常に接続されているかの点検もおこないます。異常が見つかった場合は、保証内容を確認し、速やかにメーカー、施工会社に連絡を取り、交換または修理を行ってもらいます。

メンテナンスを受けることで、故障の早期発見、早期対応をおこなえるメリットがあります。

メンテナンスを行うメリット

メンテナンスは必ず受けるべき?

異常はないのが一番ですが、見つかった場合にきちんと対処することで、漏電、火災、水漏れなどの大きな被害から大切なお家、発電システムを守ることができます。

大きな故障ではなくとも、発電量が減ると売電収入も減ってしまいます。すぐに元通りになればいいのですが、時間がかかってしまうと家庭の電気代にも影響がでてしまいます。

メンテナンスにも費用はかかりますが、太陽光発電システムは長期的に利用するものです。安心・安全に利用するために、定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。

メンテナンスは必ず受けるべき?

ページトップへ